« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年7月の記事

2020年7月15日 (水)

「堺空襲犠牲者殉難地追悼会」

Photo_20200715115701

 35回めを迎えた堺空襲犠牲者殉難地追悼会は先日、7月10日南海堺駅南詰の橋のたもとで80人近くの参加者で行われました。75年前の7月10日未明、118機ともいわれるB29の大編隊が堺を襲い、数時間で死者1860人余、全焼戸数18009戸、約7万人が罹災という大惨事になり、堺大空襲と呼ばれています。

 この追悼会は、1986年から堺大空襲で亡くなった人びとを追悼し、空襲体験や平和の尊さを次世代の子どもたちに伝えようと、堺市民懇と戦没者遺族会が共催し、堺市教職員組合が準備や運営の中心的な役割を担ってきました。 

 組合は「私たちは忘れない」堺市民の戦争体験を、子どもたちを通じて保護者(特に祖父母)に広く呼びかけ、1975年から85年まで10年にわたって第3集まで編纂しました。この「私たちは忘れない」全3冊は全小中学校や図書館にも配架され、平和教育の教材として広く使用されてきました。現在も図書室にあると思います。また、堺大空襲を描いた「おかあちゃんごめんね」のビデオも堺の学校現場で教材として広く使われています。

 先日の追悼会では「初めてこの催しを知った。今も追悼を続けていることに、感謝します」の声や、足に残るケロイドを見せながら「母と焼夷弾の中を逃げた。弟は焼死し、自分も大きな火傷に苦しんだ」と語る方もおられた。また当日配布したパンフレットには、中学校社会科教師で大先輩である網信二さん(2016年4月享年82歳)が堺空襲の実相の研究と平和の語り部をライフワークとされたこと、先述の戦争体験記編纂に中心(当時、教組副委員長)で仕上げられたこと、退職後、「堺大空襲をさぐる」と題して次々に研究を深め、何回も改訂版を出し、戦争展(今年16年目)でも大きな力を発揮されたことなども紹介されています。

2020年7月 3日 (金)

書記局ニュース「不当:介助員の夏季一時金 支給が少なすぎる!」

書記局ニュースです。

 

6月末支給のボーナスは、5月末までの勤務実績を元に算出されて支払われるものです。

ところが今回、市当局は介助員などの会計年度任用職員のボーナスについて

5月の勤務実績を一切考慮しないで、4月分のわずか1カ月分のみの勤務実績によるボーナス支給を行いました。

 

その理由が「5月の報酬は6月20日支給だから算出基礎額に入らない」という不当な理由

しかもそうなることを市当局は事前に把握しながら介助員の方へ一切の説明をしませんでした

『把握していたという事実』は、堺教組として担当者に確認済。しかも「明細書」にすら誤りがあるそうです)

実際、介助員の方の「市教委への強い憤り」を堺教組が相談の形で聞いております

 

堺教組としては、市教委に対して抗議 を行い、実績上の満額支給と介助員への謝罪を強く要請しました。

A420207

 

2020年7月 1日 (水)

堺の教育1050号

堺の教育1050号です。

子どもたちの学びの保障のために何が必要なのかを書かせてもらってます。

各職場にも発送しますのでご確認ください。

1050

« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »